資産運用とは 初心者による 簡単解説!

資産運用

30歳になったころに

 

タクミ
タクミ

資産運用ってしたほうがいいのかな。

老後2000万円不足するなんて言われているけど、まともに生きていけるのかな。

 

 

そんな不安から、言葉しか聞いたことのなかった資産運用というものを意識し始め、実際運用してみることにしました。

 

もっと早く始めたほうが良かったのかな、なんて思いますが、過ぎたことは仕方ない!

 

ちなみに私は、周りに株、投資、資産運用、なんて言葉を使う人が30年以上一切いない環境で生きてきました。

職業柄、仕事の中でもそういった知識は必要ないですし。本当に右も左も分からない状態からのスタートでした。書いている内容も、その道の方からしたら、幼稚であったりすると思います。

タクミ
タクミ

しかし、意外と私と同じように資産運用したほうがいいらしい、全くわからないけど。何から始めたらいいのかな、というか何をもって資産運用をしていると言えるんだ?みたいに感じている方って多いのではないでしょうか。

 

定年退職まで必死に働いて、人生の大部分を仕事に費やしてきたのに

もし仮にその後の暮らしまで資産不足に苦しみ、必死にやりくりするなんて考えたら嫌だし、恐ろしいですよね。

 

私も定年退職する頃にどうなっているかはわかりません。

そもそも定年退職のある働き方をその時までしているのかも分かりません。

それでも、資産運用していなかったよりはしていたほうがきっといい未来になると信じて始めてみたというのが動機です。

やらなかった後悔より、やるだけやった後悔を選びたいですよね!

 

私の大好きなドラマの 結婚できない男 ファーストシーズンの時に高島礼子さんが言っていました。

あなたが頑張って働いてお金を稼いだら、今度はそのお金に働いてもらうのよーって。

一言一句合っているか自信は全くありませんが、なぜかそのシーンがあったことは覚えています。当時私は中学生だったなぁ…それは置いといて。

 

前提として預貯金と投資の説明

貯蓄とは 貯金 預金 のことです あなたもきっとしていますよね。

[貯金]はお金を貯めるということ 郵便局のゆうちょ銀行、農業協同組合の農協、漁業協同組合の漁協では[貯金]と呼ばれます。

[預金]はお金を預けるということ 銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫では[預金]と呼ばれます。

よく言う預貯金という言葉は、貯金、預金を合わせたお金ということ。以上が金銭の部分の貯蓄です。

 

貯蓄の中には他に[財貨]も含まれています。財産として価値のある品物のことです。保険の積立や、有価証券、不動産投資など。

 

預貯金をしていると、通帳にお利息なんて名目で雀の涙程度のお金が入っていませんか?これは銀行があなたの預けたお金を運用して得た利益を配当しているものです。

その金額を見れば、預けているだけでは増えない、ということは一目瞭然ですよね。

余談ですが、それなのに入金、振り込みの時の手数料は110円、220円など支払うには少しもったいないですよね。

こちらが手数かけてるのに…銀行も慈善事業ではありませんし、仕方ないのですが。

 

少し悪く書いてしましましたが、預貯金に関しては、預金保険法によって金融機関が破綻してしまった場合でも、1000万円まで元本が保証されたり

急の場合でもすぐにATMで出金できるというメリットがあり

安全にそして安心して運用できます。

 

投資とは

投資とは、利益を得ることを目的として、株式や、投資信託、不動産を購入することです。

保有して配当・賃料収入を得る、また買った時より高値になったときに売却すればその分は利益になりますよね。

つまり資産運用というのは、お金に働いてもらうことなので金融機関に預けて運用してもらう預貯金、利益を得る目的の投資、どちらも資産運用に当たります。

貯金しかしていなかったあなたも、資産運用の中の投資をしていなかっただけで貯蓄という運用はしていたのです。

まとめ

タクミ
タクミ

資産運用とは
自分の持っている資産の貯蓄、投資によって効率的に資産を増やしていくこと。つまり、あなた自身がお金を稼いだら、今度はそのお金に働いてもらうということ。

ここまで偉そうに書きましたが、私は資産運用超初心者です。
株、FX、投資信託、ファンドラップなどなど…よくシステムもわかっていなければ
どう稼げてどんなリスクがあるのかなんてわかりません。
そんな私でも 楽天証券で 積み立てNISA を始め
全自動資産運用を売りにしているロボアドバイザーの WealthNaviTHEO を始めましたので記事にしてみたいと思っています!
もしよろしければご覧ください!
積立NISAに関しても後日書きたいと思っています。
あなたにとって少しでも有益な情報であったなら嬉しいです。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
タイトルとURLをコピーしました